ディアスタ宮崎台

  • 現地案内図

    物件概要

  • VIEW
  • 来場予約

DESIGN

品格を語るにふさわしい、上質なるレジデンス。 品格を語るにふさわしい、上質なるレジデンス。

美しい緑景が広がる地に調和するよう、穏やかなアースカラーをベースにしながら、ダークブラウンのタイルをアクセントに使うことで、品格ある景観を創造しました。低層の瀟洒なレジデンスでありながら、この地の風景をより美しくする主張を忘れず、上質であることにこだわりました。 美しい緑景が広がる地に調和するよう、穏やかなアースカラーをベースにしながら、ダークブラウンのタイルをアクセントに使うことで、品格ある景観を創造しました。低層の瀟洒なレジデンスでありながら、この地の風景をより美しくする主張を忘れず、上質であることにこだわりました。

外観完成予想CG 外観完成予想CG

文教の気配に調和しながら、美しき品格を主張するデザイン。 文教の気配に調和しながら、美しき品格を主張するデザイン。

近接する小学校の豊富な緑と連なるように誕生する「ディアスタ宮崎台」。人々が行き交う角地だからこそ、美しい景観であることにこだわりデザインしました。文教の気配が生み出す凛とした空気感に調和する品格ある意匠です。 近接する小学校の豊富な緑と連なるように誕生する「ディアスタ宮崎台」。人々が行き交う角地だからこそ、美しい景観であることにこだわりデザインしました。文教の気配が生み出す凛とした空気感に調和する品格ある意匠です。

外観完成予想CG 外観完成予想CG

整然としたボックスのようなデザイン エントランス側の住戸は引き込み型のバルコニーを採用することで、バルコニーが突き出すことのないボックスのような整然としたデザインを実現しました。洗練された印象を生み出します。 調和するアースカラー 緑の潤いと文教の薫りに調和し、周辺エリアの風景に馴染むように、ベースにはアースカラーを採用。穏やかなカラーでありながら、素材感を大切にマテリアルを選定し、品格ある印象を高めています。 アクセントになるブラック 周囲の風景に調和するだけでなく、美しさを主張する工夫のひとつとして、ブラックの重厚なタイルをアクセントに採用。建物単体だけでなく、このエリアの風景のアクセントになります。 ブラックのスリットバルコニー 小学校側のバルコニーには、ブラックのスリット型の手摺を採用。ブラックのタイルと併せて、クラシカルな雰囲気の格式ある印象を生み出しています。 外観イメージイラスト 整然としたボックスのようなデザイン エントランス側の住戸は引き込み型のバルコニーを採用することで、バルコニーが突き出すことのないボックスのような整然としたデザインを実現しました。洗練された印象を生み出します。 調和するアースカラー 緑の潤いと文教の薫りに調和し、周辺エリアの風景に馴染むように、ベースにはアースカラーを採用。穏やかなカラーでありながら、素材感を大切にマテリアルを選定し、品格ある印象を高めています。 アクセントになるブラック 周囲の風景に調和するだけでなく、美しさを主張する工夫のひとつとして、ブラックの重厚なタイルをアクセントに採用。建物単体だけでなく、このエリアの風景のアクセントになります。 ブラックのスリットバルコニー 小学校側のバルコニーには、ブラックのスリット型の手摺を採用。ブラックのタイルと併せて、クラシカルな雰囲気の格式ある印象を生み出しています。 外観イメージイラスト

素材感のあるマテリアルで、温もりと気品を。 素材感のあるマテリアルで、温もりと気品を。

ここに住む方だけでなく、ここを通り過ぎる方や周囲に住む方にとっても誇らしい住まいであるために、マテリアルひとつに妥協を許すことなくこだわりました。素材の風合いを感じる温もりあるタイルを採用するなど、色合いだけでなく素材感も重視しました。 ここに住む方だけでなく、ここを通り過ぎる方や周囲に住む方にとっても誇らしい住まいであるために、マテリアルひとつに妥協を許すことなくこだわりました。素材の風合いを感じる温もりあるタイルを採用するなど、色合いだけでなく素材感も重視しました。

material photo

エフ・アイ・オウアソシエイツ代表取締役 一級建築士 泉 孝一Koichi Izumi 芝浦工業大学建築科卒。長谷川工務店(現長谷工コーポレーション)を経て、黒川紀章建築都市設計事務所勤務。その後、エフ・アイ・オウアソシエイツ代表取締役就任、現在に至る。「人間のためばかりでない都市づくり、緑や動物や空気や水、高齢の方々やからだの不自由な方々の安全で快適な住まいづくり」に取り組む。 ディアスタ梶ヶ谷ヒルズ(平成29年3月竣工済)

桜景と調和する美邸であり、桜景を謳歌できる贅を。 桜景と調和する美邸であり、桜景を謳歌できる贅を。

目の前に広がる小学校[約70m(通学路)]の桜や公園(約20m)の緑の気配を感じながら過ごせる贅。デザインの観点で綠景と調和するだけでなく、その綠景をどう楽しむかまで考えプランニングしました。ルーフバルコニーで心地いい風と緑の潤いを感じながら、ゆっくりと寛ぎのひとときをお過ごしください。 目の前に広がる小学校[約70m(通学路)]の桜や公園(約20m)の緑の気配を感じながら過ごせる贅。デザインの観点で綠景と調和するだけでなく、その綠景をどう楽しむかまで考えプランニングしました。ルーフバルコニーで心地いい風と緑の潤いを感じながら、ゆっくりと寛ぎのひとときをお過ごしください。

ルーフバルコニー完成予想CG

ルーフバルコニー完成予想CG

COPYRIGHT © JR West Properties Co., Ltd. All Rights Reserved.